KLGM-1901008
5db1a0c696580353da16f3ca 5db1a0c696580353da16f3ca 5db1a0c696580353da16f3ca 5db1a0c696580353da16f3ca 5db1a0c696580353da16f3ca 5db1a0c696580353da16f3ca 5db1a0c696580353da16f3ca 5db1a0c696580353da16f3ca 5db1a0c696580353da16f3ca

KLGM-1901008

61,600 JPY

About shipping cost

  • 23.5cm

    Last 1

  • 25.5cm

    Last 1

  • 26.5cm

    SOLD OUT

定番のローファー木型にジョージコックスデザインをのせたデザイン。足入れ感は甲がやや低めではあるが、羽根デザインの為、フィット感は抜群である。ソールはクッション性、摩擦耐久性の有るVIBRAM社製ソール、本家からの歩き易さとは一味違った軽快感がある。アッパーデザインは、本家に尊敬の念を持ってあえて、Dカンを従来の物より2倍の大きさに変え、紐は金セル付のグログランリボン。アッパー素材は、1002同様。グットイヤーウエルテッド製法。 ※ロゴプリントはレザーの上からプリントを施しているため、剥がれやすい作りになっています。予めご了承ください。 ◆2019AWテーマ「HELL FIRE CLUB」 Hellfire Clubは18世紀のイギリスに実在した秘密結社である。悪魔崇拝を標榜したが、それはあくまでも表向きで実態は上流階級の秘密の社交クラブであった。政治家や芸術家との親交も深く、様々な社交クラブを運営していた大富豪の貴族、フランシス・ダッシュウッドが主宰となり1753年に友人より譲り受けた修道院の廃墟を改装した大殿堂で運営された。結局十数年ほどで閉鎖となり、その際に関連した書類はすべて焼却されてしまったのでこのクラブの正確な実態は不明である。イギリス・悪魔崇拝・秘密結社、そして正確な実態が不明だがその存在は確認されているというHellfire Clubの響きに何とも言えない魅力を感じ様々な想像を膨らませた。これまでのシーズンイメージにも通ずる表と裏、建前と真実の2面性は本コレクションを表現する最適なワードとして各アイテムに散りばめられている。黒を基調としたコレクションにアクセントとして赤を差し込んだのもデザイナーの考えるHellfire Clubのイメージを表現している。